2012年05月29日

アーク+β (ベータ)値下げ〜

エンジンオイル添加剤「アーク+β」がお求め安くなりました



4,200円(税込)/本 → 3,150円(税込)/本

さらに10本まとめ購入で、20%OFF


エンジンオイル添加剤「アーク+β(ベーター)の特徴

周期交換は走行40,000km

潤滑性が体感できる程良くなり、音が静かになるとともに始動性・加速性が確実に良くなります。

油膜切れは皆無で、焼付け等の不測の事故は防止できます。

エンジンオイルの温度が下がり、熱効率として燃料の消費量の改善につながります。

交換周期の延長で廃油の量が減り、処理費用の軽減・環境問題のクリアーにも寄与することとなります。

もっと詳しい説明を読む‥>

posted by earthrumi at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加剤

2009年12月11日

オイル添加剤テスト:その2

チムケム試験機で使用するテストピースの説明



オイル添加剤なしと入れた場合を比較
エンジン音が静かになるとともに、始動性・加速性アッ プ、油膜切れ無、焼付け等の事故防止。添加剤を使用することによ り、エンジンオイルの温度が下がり、燃料消費量の改善につながります。


オイルに異物混入テスト


チムケム=チムケン試験機 (Timken Extreme Pressure Tester)
posted by earthrumi at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加剤

2009年10月10日

オイル添加剤テスト

まずは、チムケム試験機の説明

posted by earthrumi at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加剤

エンジンオイル添加剤

エンジンオイルの添加剤についての勉強中
普通のオイルとアーク+β (ベータ)を入れたオイルで
チムケム試験機を使って極圧潤滑性能をテスト

アーク+β(ベータ)は摩擦の生じる部分に、特殊合金皮膜を作り摩擦抵抗を抑え、エンジンのパワーを損なうことがありません。

今回は、「高級」と言われているオイル、一般的なオイル、ベータを添加したものでどう変化するのかを実験しました。

結果はもちろんベータえが一等賞ぴかぴか(新しい)1ぴかぴか(新しい)

20091005-1.jpg

これがチムケム試験機
チムケム試験機1

圧力メーター
ハンドルを押す力を数値で表示
20091010-2.jpg

燃費とパワーメーター
摩擦抵抗が大きいほど、パワーが下がり、燃費が上がる
20091010-3.jpg

丸印の部分がテストピース
ベータを添加したオイルのテストピースは、
変色も無く滑らかな状態
20091010-4.jpg

posted by earthrumi at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加剤

2007年11月08日

燃料添加剤

アーク+β (ベータ)
一般的に言う「燃料添加剤」であるが、厳密に言うと「炭化水素燃料添加剤」でああって、
ガソリンエンジンはもちろん、化石燃料・植物燃料を使う内燃機関エンジンや軽油・重油・廃油・ディーゼルエンジンから天ぷら廃油・なたね油を使うエンジンにも添加可能です。

その効果
●内燃機関燃料の完全燃焼
●燃費向上
●公害の原因となるCO,HCの未燃ガス減少
●エンジン性能を上げ、長持ちさせる
●エンジン音の減少

使用方法

燃料タンクに直接投入

燃料に0.3%添加


40リッターであれば、120ccの使用する

アーク+α(アルファ)


使用上の注意
添加量を上げれば、性能が向上するものではありません。
燃料の燃焼を補助する性質のものなので、配合比率を守ってください。


posted by earthrumi at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 添加剤